アパート経営 / アパート経営 失敗 / アパート経営 注意点

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟ること

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟るこ

アパート経営の失敗で人を信じられなくなった。アパート経営を失敗する夢で期日期日の日々。店子の家賃は期日までに入ったか。アパートローンの支払期日がどんどん迫る。 アパート経営で督促状が書ける様になった。 アパート経営でケチな自分に気づき、強欲も身に付けた。そのせいで欲深とも言われた。 (ほどこすアパート経営で人格を上げた人もいる) アパート経営で草取りや箒の持ち方を覚えた。アパート経営で不動産を見る目が身に付き交渉力も身に付いた。アパート経営でホームレスの方々への思いやりも身に付きボランティア精神も向上した。アパート経営でリフォームも勉強した。アパート経営で経費や税金も勉強した。アパート経営で家賃滞納者対策を考えた。アパート経営で少しは世間に貢献したのにアパート経営で失敗するとは? 本気で世間に貢献すればアパート経営で失敗は無い。世間に貢献するアパート経営に失敗と言う名の貧乏神は寄り付かない。アパート経営の失敗で学び、アパート経営の注意点を知る!注意点とは!

2011年7月13日水曜日

アパート経営と空部屋(空室)対策

アパート経営と空部屋(空室)対策は車の両輪

アパート経営と空部屋(空室)対策は、切っても切れないアパート経営ビジネスの重要事項。
アパート経営開始当初は、融資を受けるために作成した、金融機関用のアパート経営事業計画書を眺めながら、毎月の家賃の総額など、ニタニタしながら想像して、本当に幸せいっぱいの時期である。
アパート経営事業計画書には、アパート新築費用やらアパート経営開始当初からの入金予定や、アパートローンの出金予定などが記載されています。
アパート経営事業計画書に記載された金額で、絶対的に確実なものは、アパート新築費用のアパートローンの出金予定などです。
アパート経営事業計画書に記載された金額で、一番いい加減なものは、毎月の家賃の入金予定金額です。
アパート経営事業計画書に記載された金額で、一番いい加減な毎月の家賃の入金予定金額を、より確実な予定とするために、アパート経営の空部屋(空室)対策が有ります。
空部屋(空室)が増えれば増えるほど、アパート経営事業計画書に記載された収益は下降をたどり、当然予定年間利回りも下降線をたどります。
アパート経営では、このような状態になることはめずらしくありません。
アパート経営では、このような状態になってからの経営努力が、今後の明暗を分けます。
家宝は寝て待て方式のアパート経営では、ここで失敗し、この難局は乗り切れません。
ジタバタしないで、どっしり構えていれば好いと思って、空部屋(空室)対策などなにもしないアパート経営はここで失敗します。アパートローンの支払期日は、毎月確実に到来します。
現在のアパート経営は、空部屋(空室)が増えれば増えるほど、ジタバタしなければいけません。何故ならば、競争相手が多いからです。
現在のアパート経営は、常に周囲の賃貸アパートの家賃に目をくばらなければアパート経営に失敗します。
現在のアパート経営は、常に周囲の賃貸アパートの入居者募集条件に目をくばらなければアパート経営に失敗します。