アパート経営 / アパート経営 失敗 / アパート経営 注意点

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟ること

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟るこ

アパート経営の失敗で人を信じられなくなった。アパート経営を失敗する夢で期日期日の日々。店子の家賃は期日までに入ったか。アパートローンの支払期日がどんどん迫る。 アパート経営で督促状が書ける様になった。 アパート経営でケチな自分に気づき、強欲も身に付けた。そのせいで欲深とも言われた。 (ほどこすアパート経営で人格を上げた人もいる) アパート経営で草取りや箒の持ち方を覚えた。アパート経営で不動産を見る目が身に付き交渉力も身に付いた。アパート経営でホームレスの方々への思いやりも身に付きボランティア精神も向上した。アパート経営でリフォームも勉強した。アパート経営で経費や税金も勉強した。アパート経営で家賃滞納者対策を考えた。アパート経営で少しは世間に貢献したのにアパート経営で失敗するとは? 本気で世間に貢献すればアパート経営で失敗は無い。世間に貢献するアパート経営に失敗と言う名の貧乏神は寄り付かない。アパート経営の失敗で学び、アパート経営の注意点を知る!注意点とは!

2011年4月24日日曜日

アパート経営を東京で上手にやる方法

上手なアパート経営in東京

 
 
東京で高利回り高収益のアパート経営とは  
 
東京で高利回り高収益のアパート経営は、いい仕事に見えるけど、実情はなかなか大変である。
最初から、細々とやって行こうと心に決めた場合は、 東京アパート経営はたしかにいい仕事と言える。

しかし、欲望の赴くままにアパート経営事業を拡大して行くと、そこには大きな落とし穴が待っている。
                             
家賃の滞納、補修箇所の修理、部屋の明け渡し時のゴタゴタ、借主の行方不明、事件の発生(自殺やガス爆発、火災)等の気苦労はアパート経営には付き物である。
しかし、アパート経営で一番家主の心を痛めつけることがらは、空き部屋の増加だ。

家主の欲が深ければ深いほど、心の痛みも深いようだ。
                             
家主の中には、気苦労が重なって、ストレス解消のためか毎夜飲み歩き、病気で早死にするケースがあるかと思えば、80歳を超えても何かに取り付かれたかのように、次から次 へと賃貸アパート賃貸マンションを買いあさっている後期高齢老人もいる。
いずれも、正常ではない。
                             
  一機に、結論となるが、 東京アパート経営とは、自宅の近くに賃貸アパート賃貸マンションを所有し、貸主借主双方の目が届く所で、細々とやって行くことが慣用と言える。

アパート経営マンション経営ABC 参照




★アパート経営成功の秘訣
アパート経営語録は必要か


東京でするアパート経営eba


賃貸アパート経営とは(eba)


アパート経営者のアパート投資

アパート 経営