アパート経営 / アパート経営 失敗 / アパート経営 注意点

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟ること

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟るこ

アパート経営の失敗で人を信じられなくなった。アパート経営を失敗する夢で期日期日の日々。店子の家賃は期日までに入ったか。アパートローンの支払期日がどんどん迫る。 アパート経営で督促状が書ける様になった。 アパート経営でケチな自分に気づき、強欲も身に付けた。そのせいで欲深とも言われた。 (ほどこすアパート経営で人格を上げた人もいる) アパート経営で草取りや箒の持ち方を覚えた。アパート経営で不動産を見る目が身に付き交渉力も身に付いた。アパート経営でホームレスの方々への思いやりも身に付きボランティア精神も向上した。アパート経営でリフォームも勉強した。アパート経営で経費や税金も勉強した。アパート経営で家賃滞納者対策を考えた。アパート経営で少しは世間に貢献したのにアパート経営で失敗するとは? 本気で世間に貢献すればアパート経営で失敗は無い。世間に貢献するアパート経営に失敗と言う名の貧乏神は寄り付かない。アパート経営の失敗で学び、アパート経営の注意点を知る!注意点とは!

2015年8月19日水曜日

東京で格安(激安)物件の不動産投資なら賃貸物件でアパート経営・マンション経営

東京で格安(激安)物件の賃貸アパートや賃貸マンションで一儲け

ちょっと小金持ちになって東京で格安(激安)物件で不動産投資でもとお悩みなら、迷わず賃貸物件にしたい。
東京の格安(激安)物件の賃貸アパートの一棟買いとか、賃貸マンションの一括買いなら不動産投資にぴったりだ。
東京の格安(激安)物件のボロボロの賃貸マンションでも、最低限の室内リフォームで延命措置を施せば、15年間位は安心して賃貸投資が出来るだろう。
同じく、ガタガタの賃貸アパートでも、最低の外壁塗装、屋根塗装や最安の室内リフォームで、やはり15年間位は悪徳家主を演じられる。
そして、2~3年経過して、不動産投資のアパート経営やマンション経営も波に乗り、順調となってきたところで、これまでの悪徳家主の諸行や悪行を猛烈に反省し、一転仏の家主へと変身を遂げれば、この東京都内の格安(激安)物件の賃貸マンションや賃貸アパートでの不動産投資(アパート経営・マンション経営)はあと30年位は順調に行くはずです。
この東京の格安(激安)物件の賃貸アパートや賃貸マンションでの不動産投資(アパート経営・マンション経営)成功の秘訣は、悪徳家主から仏の家主へと変身を遂げる所にあると言っても過言ではありません。

姉妹ブログサイト東京の不動産購入と格安物件よもやま話から引用

2014年10月2日木曜日

アパート経営での単純な失敗


アパート経営での単純な失敗とは

入居者の見込めない地域で賃貸アパートを新築し、アパート経営をする。 これは、アパート経営の熟練者でも手の付けられない単純すぎる失敗だ。 しかし、入居者の見込めない地域で賃貸アパートを新築し、アパート経営で失敗した話を知っている。 セールスマンの甘い話でバラ色の夢を信じ、東京近郊ではあるが、全然買手が付かない住宅団地内に賃貸アパートを新築してしまった話である。 土地と建物で6,000万円ほど投資したが、半分も部屋が埋まらず、10年間もアパートローンを払い続け、とうとうアパートローンの支払いもままならず、挙げ句の果てにアパートは競売となり、それでも元金が消えず、自宅まで競売となってしまった。 単純すぎる失敗は重大な結果をもたらす。

Myブログアパート経営での失敗は脇が甘すぎる

より

2014年3月29日土曜日

アパート経営で失敗する理由いろいろ

アパート経営とは失敗を招く甘い言葉

アパート経営で失敗する理由は一杯ある。
アパート経営で失敗する理由が一杯ある訳は、失敗する理由がいろいろあるからだ。
東京のアパート経営で失敗した理由は、アパート経営を始めたその日から、いろんなおいしい話の電話がいっぱい入り、アパートのオーナーになった嬉しさで有頂天気味だったので、おいしい話に全て付きあっていたら、半年もしない内にアパートローンが支払えなくなったことが原因だった。
大阪のアパート経営で失敗した理由は、不動産競売で入居率50%の賃貸アパートを旨く落札したまでは良かったのだが、やはりアパートのオーナーになった嬉しさで有頂天になり、空室対策などすっかり忘れ、毎晩心斎橋あたりで飲み明かしていたら、アパートローンが支払えなくなった。
札幌のアパート経営は現在進行中ではあるが、もう失敗したようなもので、アパートローンなどの融資を受けるから失敗するのだと、訳の分からない思い込みから、公務員だった配偶者の退職金を全て使いはたし、賃貸アパートを新築し、意気揚々と老後を楽しもうと思っていたら、10室中3室しか埋まらない日々がすでに3年も続いている。
現状は配偶者の年金から経費を持ち出している状態なので、予定していた海外旅行もお預けで、毎日もんもんとした日々を過ごす結果となった。
自分のアパート経営の失敗理由を冷静に振り返ってみると、どうもアパート経営という甘い言葉に惑わされていたようで、なんら経営者らしい事はやって来なかったあたりに、失敗の大きな原因があったようだ。