アパート経営 / アパート経営 失敗 / アパート経営 注意点

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟ること

アパート経営で身に付くこと、失敗で悟るこ

アパート経営の失敗で人を信じられなくなった。アパート経営を失敗する夢で期日期日の日々。店子の家賃は期日までに入ったか。アパートローンの支払期日がどんどん迫る。 アパート経営で督促状が書ける様になった。 アパート経営でケチな自分に気づき、強欲も身に付けた。そのせいで欲深とも言われた。 (ほどこすアパート経営で人格を上げた人もいる) アパート経営で草取りや箒の持ち方を覚えた。アパート経営で不動産を見る目が身に付き交渉力も身に付いた。アパート経営でホームレスの方々への思いやりも身に付きボランティア精神も向上した。アパート経営でリフォームも勉強した。アパート経営で経費や税金も勉強した。アパート経営で家賃滞納者対策を考えた。アパート経営で少しは世間に貢献したのにアパート経営で失敗するとは? 本気で世間に貢献すればアパート経営で失敗は無い。世間に貢献するアパート経営に失敗と言う名の貧乏神は寄り付かない。アパート経営の失敗で学び、アパート経営の注意点を知る!注意点とは!

2012年10月30日火曜日

アパート経営に失敗は無い

アパート経営で失敗など考えられない。
入居者募集を不動産屋さんへ頼めば、宣伝広告費もいらない。
資格が無くても出来る事業で宣伝広告費が不要な事業は、フランチャイズチェーンとアパート経営、賃貸マンション経営ぐらいなもの。
フランチャイズチェーンはものによっては、毎月本部へ広告宣伝費を納めるところもある。
アパート経営で失敗とは、不動産屋さんも手を出さない所へ、アパートを新築してしまったとか、家賃が異常に高額だとか、新築後20年以上経っているのに、一切リフォームをやらないとか、家賃収入で夜な夜な飲み歩くとか、家賃収入で2号さんを作るとか、まだまだ色々あるけれど、アパート経営で失敗とは、よっぽど普通で無い事をやった時ぐらいだろう。